フィンペシアを通販!アマゾンや楽天で購入できないワケ 

2019年11月27日

薄毛・抜け毛予防に効果がある「フィンペシア」
日本では未認可にもかかわらず、個人輸入代行の利用で、ネットで簡単に購入することができます。
しかし、フィンペシアは医療用の現場で使われる医療用医薬品にあたるため、アマゾンや楽天で購入することはできません。ここからは、通販サイトでの購入できる仕組みと、医薬品の種類についてご紹介します。

フィンペシアは「アマゾン」や「楽天」では通販できない?

シャツを着た男性がダメのサイン
大手ネット通販サイトのアマゾンや楽天で購入できるお薬は、ドラッグストアなどで購入できる商品のみに限定されています。日本では、お薬の販売に規制がかかっており、ドラッグストアなどで購入できる「一般医薬品」と医師の処方が必要な「医療用医薬品」に分類されます。

「一般医薬品」「医療用医薬品」について

大きく分けて2つに分類される医薬品。それぞれの特徴については以下のとおりです。

一般医薬品 医療用医薬品
購入先 ドラッグストア・薬局 病院(医師の処方箋が必要)
選ぶポイント 自分で症状に合わせて購入できる 医師の診断のもと処方される

一般医薬品は3つの分類

「頭が痛い」「胃の調子が悪い」など、ドラッグストアなどで購入する際に、症状に合わせ自分で選べるのが一般医薬品。そんな一般医薬品も副作用などのリスクに応じて、3つのジャンルに分類することができます。

1、第1類医薬品
副作用や飲み合わせなどで一般医薬品のなかで、もっとも注意が必要なお薬です。そのため、薬剤師からのお薬の情報提供が義務付けられているお薬になります。

2、第2類医薬品
第1類医薬品と比べてリスクが少ないですが、注意が必要なお薬になります。販売者からのお薬の情報提供は「努力義務」となっています。

3、第3類医薬品
副作用などのリスクが一番少ない医薬品です。そのため、購入時に希望がないかぎり、お薬の情報提供の義務は販売者にはありません。

【番外編】
一般医薬品のなかに、「要指導医薬品」があります。医療用医薬品からうつってきたばかりで、自己判断で購入するにはまだ不安要素がのこるお薬です。そのため対面での販売が義務付けられており、ネット購入などできない商品になります。

医療用医薬品は2つに分類?

医師の処方箋が必要なのが「医療用医薬品」です。
効果が高い半面、副作用にも注意が必要なお薬となっています。そんな医療用医薬品も大きく分けて2種類に分類できます。先に開発された「新薬」と呼ばれる先発薬と、あとからつくられる「ジェネリック医薬品(後発薬)」です。

「新薬」と「ジェネリック」の違いって何?

医療用医薬品は新薬とジェネリックに分けることが出来ます。なんとなく耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?さっそく、詳しくご紹介!

新薬 ジェネリック
開発時期 一番はじめに開発 新薬開発のあとに開発される
開発費用 数億円 ほとんどかからない
販売価格 ジェネリックより高くなる 安価

【新薬について】
まだ治療薬が開発されていない病気や症状改善に対して、開発が進められるのが新薬。そのため開発までにおよそ20年前後かかるのが一般的です。時間だけでなく、開発費用も膨大になるため、販売価格も高くなるのです。
開発した製薬会社は、特許と呼ばれる、商品を独占的に製造・販売できる権利を申請することができます。特許が取得されると、期間中はどの製薬会社も同じ有効成分をつかい、開発や販売することはできません。

【ジェネリックについて】
新薬の特許期間がすぎると、開発された有効成分を使用し、商品の製造と開発をすることができます。すでに開発された成分をつかっているため、新薬のように膨大な費用も時間もかかりません。そのため、ジェネリックの販売価格は安くなっているのです。

ジェネリック医薬品の効果は?安全性は?

「ジェネリック医薬品って効果は弱いのでは?」「安全面が不安」と、日本では認知度が海外と比べて低いことから、このような疑問を抱いている方も少なくありません。
ジェネリック医薬品も実際の医療現場でも使われている、立派な医薬品です。新薬同様、厳しい審査をパスしなければ、販売されることはありません。

また、効果も新薬と同じ有効成分をつかっているため、同様の効果があると厚生労働省のホームページにも記載されています。ジェネリック医薬品の場合、新薬よりも飲みやすい形状や吸収しやすいように改良されていることも多く、より進化したお薬ととらえてもよいでしょう

まとめ

フィンペシアは個人輸入代行を使えば通販購入することができます。しかし、大手通販サイトのアマゾンや楽天で購入はできません。フィンペシアは医療用医薬品にあたり、医師の処方が必要なためです。ドラッグストアやアマゾン、楽天で購入できるのは、一般医薬品のみと限定されています。

しかし、薄毛や抜け毛のAGAは一度発症してしまうと、治療薬を飲み続けなければ、進行をおさえることはできないと言われています。「病院に行く時間がない」「知人にバレたくない」そんな方は、個人輸入代行を使って通販購入しましょう!


PAGE TOP