フィンペシアとミノキシジルで抑毛と発毛する 

AGAは進行型
そのため、「フサフサ髪に戻りたい」「髪の量を増やしたい」と思えば、進行を抑えるお薬と発毛を促進するお薬の両方が必要なんです。

そこで注目されているのがフィンペシアミノキシジルの飲み合わせです。
併用しても相性がよく、フィンペシアでヘアサイクルを整え、ミノキシジルで毛穴を刺激し発毛を促進します。

ミノキシジルで発毛効果とは?

頭皮をかきあげる男性
ミノキシジルが発毛に効果があるわけは、大きくわけて以下の2つの働きがあるから。

1、血行をよくして頭皮に栄養を送ります
2、毛母細胞を活性化させて新しい毛をつくりだします

 
1、ミノキシジルは毛細血管を広げ、促進させることで髪の毛に必要な栄養分を届けやすくします。栄養分が行き届いた毛はグングン成長していきます。

2、毛を生やす上で、必要不可欠なのが「毛母細胞」。毛母細胞が細胞分裂を繰り返しおこなうことで、新しい毛を作りだしています。ミノキシジルの作用で、毛母細胞を刺激し、毛が作りだしやすい環境へと導いてくれるのです。

ミノキシジルの「内服薬」と「外用薬」の違いについて

ミノキシジルには、飲むタイプと塗るタイプの2つがあります。それぞれで効果や副作用が異なるため、自分に合ったお薬を選びましょう。

【内服薬の効果とは】
体の内側から成分を吸収するため、外用薬よりも高い発毛効果を実感できます。効果がある半面、頭痛などの副作用を感じやすいというデメリットも。

【内服薬の副作用について】
・頭痛、めまい、ふたつき、動悸、息切れ
・低血圧
・反射性高血圧
・赤ら顔
・性的不能や勃起障害
・手足のむくみ

 
【外用薬の効果とは】
内服薬と比べると、発毛効果が緩やかになります。外から塗っていくため、成分が浸透しにくいことが理由のようです。反面、内服薬と比べると副作用を感じないことがほとんど。

【外用薬の副作用について】
・頭皮のかぶれやフケ
・頭皮のかゆみや発疹(皮膚炎や湿疹など)
・胸の痛み
・頭痛やめまい
・体重の増加やむくみ

効果や副作用も個人差はあります。それぞれの働きの違いについてよく理解した上で使用していきましょう。

フィンペシアとミノキシジルの相性は?

お薬を複数飲むときに、気になるのが相性について。
フィンペシアとミノキシジルの併用は、非常に良いとされています
AGAは進行型のため、薄毛や抜け毛を食い止めるためにも、抑毛効果のある「フィンペシア」の服用は外せません。また抑毛だけでなく、新しく丈夫な毛をつくるために発毛効果のある「ミノキシジル」を服用することで、抑毛と発毛の両方をアタック!フサフサとコシのある太い毛を作りだしてくれるのです。

フィンペシアとミノキシジルの口コミ

フィンペシアとミノキシジルを、実際に併用している口コミはコチラ↓

まとめ

「フサフサ毛を手に入れたい」「太くコシのある毛を増やしたい」
そんな悩めるAGAには、フィンペシアとミノキシジルが効きます。フィンペシアで抑毛し、ヘアサイクルを整えます。ミノキシジルで、頭皮の血行を良くし、新しく丈夫な毛をつくる環境を整えてくれます。

相性もバツグンなフィンペシアとミノキシジルで、AGAを改善しよう


PAGE TOP